滋賀県にあるボキボキしない優しく気持ちいい整体

重野整体院


ぎっくり腰

ぎっくり腰は魔女の一撃と言われるほど辛い痛みです。初めて経験される人だと、非常に辛く治るのか心配ですよね。

gikkurigosi-1.gif何度も繰り返しておられる人だと、痛みに対しては少し慣れておられるかもしれませんが、繰り返し起こっているということは、それだけ体に疲労がたまっている証拠ですので、軽く見ているとヘルニアや坐骨神経痛などの他の症状につながることもあるので気を付けたほうがいいかもしれません。

「突然、腰に痛みが走って動けません。」「昨日おとといころから、じわじわと腰が痛くなってきて、今痛くて動けません。」「何度も繰り返すぎっくり腰から解放されたい」とおっしゃって当院に来院されるお客様は多いものです。

腰にグキッと激痛が走り動けなくなるぎっくり腰は、急性腰痛症といいます。 滋賀県の野洲市にある重野整体院では、ぎっくり腰の根本を改善して再発を防ぐ施術をさせていただきます。

ぎっくり腰だけの施術で終わることなく、心のケアも行いますので、あなただけの痛みや悩みに合った施術方法となっています。 今まで解決策が見つからなかった方でも、みるみる改善していくので確かな実感を得られています。

大切なご自分の体を診てもらうのですから、安心して施術を受けられるところを選びたいですよね。 当院では、ぎっくり腰を本気で改善していきたいあなたの痛みと悩みを解決して、あなたの人生を輝かせるサポートをいたします。

ぎっくり腰でお悩みの滋賀県の方は、こんなことでお悩みですか?

  • ぎっくり腰の症状が酷くてマッサージや整体院を探している。
  • 病院で痛みどめや応急処置をしてもらったけど痛みが改善しない。
  • 応急処置としてお風呂で温めるといいのか知りたい。
  • ぎっくり腰にストレッチやコルセットは効果があるのか知りたい。
  • 何度もぎっくり腰を繰り返し治療を受けているが、根本的な原因がわからない。
  • 動けないほどの症状で、どこに行けばよいのか悩んでいる。
  • ぎっくり腰の症状が首や背中、お尻にまで広がって辛い。
  • マッサージ機やマッサージチェアを使用しても悪化しないのか知りたい。
  • 整体や整骨院にいって悪化したことがある。
  • お風呂掃除などをしていて、重いものを持っていないのに、ぎっくり腰になった。
  • 整体やカイロプラクティックを探している。

image.gif

ぎっくり腰とは?症状は?知っておきましょう。

ぎっくり腰は、正式には急性腰痛症といいます。ぎっくり腰はどのようなときに起こしやすいのかみていきましょう。
・朝起きてベッドから出ようと動いたときや伸びをしたとき。 
・靴下やズボンを履こうと前かがみになったとき。
・くしゃみや咳をしたとき。
・仕事や家事で前かがみになったときや上体を起こしたとき。
・仕事や家事で、重い荷物を持ち上げたときや小さなお子さんを抱っこしたとき。

これらのようにぎっくり腰は、起き上がった瞬間、前かがみになった瞬間、立ち上がった瞬間、体をひねった瞬間などがきっかけで生じて、腰を伸ばすことができなくなります。 腰痛には無縁だと思っていても、ぎっくり腰によってつらい思いをする方が多いものです。

ぎっくり腰の症状は、どのようなものなのでしょうか?

・グキッとした激痛が腰やお尻あたりに走ります。
・激痛のため、数日は寝込んでしまうことになります。
・日常生活はなんとかできたとしても、動くたびに激痛が走ってつらい思いに悩むことになります。
・グキッとなった直後か、時間が経過したころに腰の痛みが生じます。
・痛みは、最初の2~3日にピークとなり、その後はゆるやかに改善していきます。
・ぎっくり腰は、程度や個人差はありますが7~10日ほどで、日常生活に支障がなくなるくらいに改善していくといわれています。

ぎっくり!で症状があらわれたら、すぐにでも病院へ行きましょう。

・下半身にしびれや耐えられない痛みを感じる。
・足が動かせない、足の感覚がない。
・発熱する。

腰椎の神経に負担がかかり障害を起こしていることが考えられます。
無理に体を動かさず、救急車を呼んで、医師の診察を受けるようにしてください。

ぎっくり腰の原因

ぎっくり腰の原因も十人十色ですので、単純にこれだけが原因ですと言い切れません。それぞれの生活習慣や性格の中にも体の緊張を引き起こしやすい原因が隠れているものです。一時的な痛みの軽減なら痛みどめなどでもいいかもしれませんが、再発を防ぎたいのであれば根本的に体を調節し、原因について把握しておくほうが良いかもしれません。

ここでは、色々な角度からぎっくり腰の原因を見ていきましょう。

ぎっくり腰も、体や脳からのサインですので、しっかりと聞き入れて健康な体作りをしましょう!

一般的な原因

一般的には腰の骨のズレが原因と言われていることが多いです。背骨や腰の骨がズレていることにより、その周辺の筋肉に少しずつ負担が蓄積され、限界を超えたところで、腰の筋肉が耐えられなくなりぎっくり腰になるということです。もちろん、人によって原因は違うと思われます。筋肉が緊張するとも考えられますし、炎症が起こっているとも言われます。

西洋医学的にも東洋医学や民間療法的にみても、絶対に原因はこれです!ということは言えないと思われます。

整体では骨盤や足の骨の長さの違いから腰の周りの筋肉に影響が出て筋肉が硬くなったことにより、症状が出ると言われることがあります。また、腰周辺の筋肉への血流不足が原因と言われることも有ります。

病院や整形外科で考えられる原因

X線で骨折や変形・変性の有無を調べます。MRIでは筋肉や靭帯、軟骨、神経の状態を調べて診断します。 しかし、ぎっくり腰は画像検査をしても原因がはっきりしないことから、非特異的な急性腰痛症と言われることでしょう。

ぎっくり腰の原因は確定的ではないものの、腰椎周囲の筋や筋膜に小さな傷がある、捻挫をしている。椎間板ヘルニアによって腰へと大きな負担がかかっている可能性が高いと考えられています。 痛みがあるのに検査では異常がないと言われると不安になりますよね。ぎっくり腰の痛みのストレスだけではなく、心にもストレスを感じないようにしましょう。

カイロプラティックで考えられるぎっくり腰の原因

さまざまな要因がからみあって、ぎっくり腰になると考えられています。さまざまな要因として主に次の3つが挙げられます。

①慢性的な筋肉疲労
筋肉が慢性的な疲労を起こしているところに、重い荷物を持ち上げるなどの動きをすることで、筋肉が耐え切れない。

②骨格の歪み
長時間同じ姿勢でいることで、筋力がアンバランスになり、骨格の歪みへと進みます。骨格の歪みから体のバランスがとれなくなります。

③腰への急な負荷
止まっている状態からいきなり動いたり、動きを急に切り替えるときに腰に負荷がかかります。

整体で考えられるぎっくり腰の原因

①運動不足による筋肉の硬さ
運動不足で筋肉が硬いと、ちょっとした動作でも腰を痛めることになります。

②骨格の歪み
日常の悪い姿勢や座り方、立ち方の積み重ねによって骨格は歪んでいきます。ぎっくり腰は、骨盤や腰椎、肋骨が歪むと起こりやすい状態になります。

③内臓の不調から
内臓の不調は筋肉を硬くしたり、アンバランスさを生じさせて骨格が歪みます。 その他に、生活習慣や体質なども考えられますが、ぎっくり腰になる人の数だけ原因があると考えられています。

その他の原因

まだまだ、他の原因も考えられます。例えば内臓の不調です。内臓が何らかの生活習慣やストレスの負担を受けることによって硬くなったり血流不足になり、その影響が背中や腰に出ることも考えられます。

さらに、自律神経のみだれや緊張といったことも考えられ、その乱れはストレスや血行不良、そして矛盾しているようにも思いますが骨盤や背骨が歪むことによっても自律神経が緊張を起こすということも考えられるのです。

つまり、今後ぎっくり腰の再発を防ぎ、繰り返さないようにするためには、体や神経、ストレスに対しても施術を施していくほうが最適かもしれません。

生活習慣が原因の場合

次のような生活習慣の方は、ぎっくり腰になりやすいといえます。ご自分に当てはまるものはいくつありますか?

  • 冷え性である
  • 体が硬く、柔軟性に欠けている。
  • 運動不足または運動することが嫌い。
  • 事務系の仕事で、パソコン作業などデスクワークをしていることが多い。
  • 猫背である。または車を運転するなど前傾姿勢の仕事をしている。
  • 栄養バランスが偏った食生活である。または外食が多い。
  • 肥満である。
  • ヒールの高い靴を履くことが多い。
  • 座るときには必ず足を組んでいる。
  • タバコを吸っている。
  • ・お酒を飲む量が多い。

ぎっくり腰には直接原因がなさそうに思えますが、ぎっくり腰を発症させる原因を十分に持っている人といえます。当てはまる項目が多いほど、血行不良、筋肉の硬直、骨の歪みを引き起こし、ぎっくり腰になる可能性が高いと言えるでしょう。

これらの原因に加齢や他の病気が加わると、さらにぎっくり腰へのリスクが高まります。悪い生活習慣を少しずつでも改善していくことが大切です。そして、ぎっくり腰になりにくい体へと変化させていきましょう。

ストレスや自律神経が原因の場合

自分にとって何がストレスになっているのか心あたりはありませんか?

  • 仕事での人間関係で悩んでいる。
  • 仕事上での不満が溜まっている。
  • 仕事が忙しくて、ゆっくりと休むことができない。
  • 家族に対して不満がある、またはけんかが絶えない。
  • 家庭に帰っても安らぎを感じることができない。
  • 睡眠不足が続いている。

自分のストレスの元が分かったら、解決できる問題か考えてみましょう。

自分ひとりで悩まずに、仕事であれば会社の同僚や上司に相談し、家庭のことであれば
パートナーやお子さんの意見を聞いたり、協力してもらいましょう。しかし、根本的な解決ができずに悩んでしまうケースが多いものです。その場合は、ストレスをうまくコントロールして付き合っていく方法を考えていきましょう。

趣味を楽しんだり、リラックスする時間を多くとるようにします。ぎっくり腰は、ストレスや不安、うつといった精神的な不調と深く関係しています。滋賀県野洲市にある重野整体院では、全身や内臓の血液循環を徹底的に良くする施術を行っています。

全身の血流が良くなると、肉体的な原因のぎっくり腰はもちろんのこと、ストレスや自律神経系の症状にも大きな効果を発揮します。重野整体院では、あなたの痛みや不安を心身ともに改善して、心穏やかな幸せな人生へと導いてまいります。

ぎっくり腰の予防方法とは

滋賀県野洲市の重野整体院がぎっくり腰の予防法に対して色々な方向からアドバイスさせていただきます。あなたの知らなかった予防法が隠れているかもしれませんので、じっくり読んでくださいね。

腰の健康度チェック方法

足を肩幅に広げ、膝を曲げずにゆっくりと背中をうしろに反らしてみましょう。腰を反らせることで、腰の歪みのレベルが分かります。

  • 天井や後ろの壁を見ることができる。痛みや違和感もない。
  • 天井には胸を向く程度は反ることができる。腰や背中、お腹、股関節に張りや違和感があり、呼吸がしにくい。
  • 腰や背中に痛みや違和感があり、反ることができない。

ぎっくり腰をストレッチで予防する簡単な方法とは?

お風呂あがりの体がほぐれやすくなっているときや寝る前のリラックスした時間を使ってストレッチを行い、ぎっくり腰を予防しましょう。
次の1~4の心地よくできるストレッチを継続して行いましょう。

1.骨盤ストレッチ

椅子に姿勢をまっすぐにして座ります。(背もたれにもたれないようにします。)頭の高さを変えずに腹筋に力を入れて、おへそを背もたれの方向に倒します。このとき骨盤がうしろに倒れることになります。この状態で5秒間キープしましょう。これを10回繰り返します。

2.胎児姿勢ゆりかごストレッチ

横になって太もものうしろに両手をまわして両ひざをかかえます。(胎児のような姿勢です。)あごを引き気味にして、腰部分を伸ばすように20~30秒キープします。このとき腰部分の脊柱起立筋が伸びています。10秒休んで3回繰り返します。体育座りをして、両手をひざの上に置き、体を前後にゆりかごのように揺らします。肩甲骨が床に着きそうになる手前で戻り、足裏が床に着きそうになる前に戻ります。このとき腹直筋と大殿筋をいっしょに鍛えることができます。ゆっくりと5回繰り返します。

3.足の付け根を伸ばすストレッチ

床に両手をつけて、ゆっくりと両肘を伸ばします。右の膝を胸のほうに向かって曲げて左の膝をまっすぐにして、後ろに伸ばします。このとき、体重を前にかけると腸腰筋がのびます。20~30秒キープします。左右交互に3セット行います。

4.もも上げストレッチ

うつ伏せになって、お腹の下に枕やクッションを入れ込みます。膝を曲げて、左のお尻の力だけで左ももを真上に持ち上げて5秒キープします。このとき大殿筋が鍛えられています。左右ともに5回ずつ行います。

※痛みを感じる場合は、無理にストレッチをせずにやめましょう。

ぎっくり腰になったと慌てて治療に行くのではなく、自分で柔軟な筋肉を保って、ぎっくり腰にならないようにストレッチを継続していきましょう。

ぎっくり腰の間違った知識

滋賀県野洲市の整体の個人的な意見ですが・・・ぎっくり腰の間違った知識を知っておくことで、長年の繰り返しを防げたり、ひどい状態になることを避けることも可能ですので、ぜひ覚えておいてください。

その場しのぎの治療

湿布を貼る、痛み止めの薬を飲む、ブロック注射を受けるなど、痛みに対する処置をする対症療法は、その場しのぎの療法です。そのときは痛みが引いて喜んでいても、結局は痛みが再発します。

マッサージ

マッサージで痛みがあるところを強くもまれたり、押したりされると効果が高いように感じますが、マッサージ後に揉み返しの経験はありませんか?揉み返しは、マッサージによって筋繊維が壊されているために生じます。

手術

手術をすると、再発をすることもなく痛みから解放されると思いがちです。しかし、姿勢や腰への負担が手術前と同じのまま過ごしていたり、運動不足、ストレスを改善できていないと手術をしても再発してしまいます。ご自分のぎっくり腰に関する知識を深め、生活習慣の改善を行い、ぎっくり腰を再発させない体づくりが重要になってきます。

それでもぎっくり腰になってしまった時の自己対処法

「早くこの痛みから解放されたい」「明日の仕事までになんとか痛みを和らげたい」と思うのは当然のことですが、ぎっくり腰は、焦って早く治そうとしても治るものではありません。

まずは焦らずに、体の休息を第一に考えましょう。 「治したい」「治らない」というストレスを抱えていると、痛みは取れづらいものです。

ぎっくり腰の痛みを我慢して仕事に行ったり、家事をすると、思うように体が動かない、仕事がはかどらないといったストレスから無意識に体に力が入って、腰の筋肉を固まらせてしまって回復を遅らせてしまいます

痛みのない動きや姿勢を探す。

ぎっくり腰になって、激痛に襲われてベッドに寝ていると、「これからどうなっていくんだろう。」と不安ばかりが浮かんできます。そんなときでもぎっくり腰を改善する運動を始めることができます。

  • ・楽な姿勢で寝ている状態で、手首や足首を動かして、痛みはないか?
  • ・腕を動かしてみる、膝を立てて痛みはないか?
  • ・寝返りができるか?

今の状態でできる動きを確認してみましょう。痛くなかった動きを30秒動かしたら休むというペースで動かしていきます。自分の動かせる範囲を少しでも拡大していくというイメージで行いましょう。繰り返していくと、だんだん動かせるようになっていくことが分かってくるはずです。しかし、早く治そうと痛みがある動きをすると悪化させてしまうのでやめましょう。

痛みのある部分に手を当てる

ぎっくり腰の痛みが強いときは、神経が痛みを敏感に感じ取っています。痛みのある部分に手を当てると、敏感になっている神経の興奮を抑えることができ、痛みが和らいでいきます。

楽な姿勢で寝ている状態で腰の痛みが強い部分に優しく30秒ほど手を当てます。このとき、グリグリ押したり、揉んだり、トントン叩かないことです。腰に自分の手の温かさを感じるように、手を当てることを繰り返します。

安静にしましょう

横になるときは、痛みがあるほうを上にして横向きになります。少し膝を曲げて膝の間にクッションを挟むと腰に負担が少なくなり、楽になります。仰向けになる場合は、膝の下にクッションを入れます。

うつ伏せで寝ると、ぎっくり腰を悪化させることになるので、必ず横向きか仰向きで横になり安静にします。ぎっくり腰の痛みのピークは最初の2~3日のことが多いです。痛みがひどくて、動けない場合は、自宅でゆっくりと安静にして、動けるようになったら、治療を受けに行きましょう。

ぎっくり腰になったときの寝方

立った姿勢から足を大きく1歩前に出します。片方の膝を両手で抑えながらもう片方の膝をつきます。壁や物につかまりながら立ててある片方の膝をつきます。

横座りの体勢をとり、ゆっくりとお尻をつけます。肘と手を布団(マットレス)につきながら寝ます。

ぎっくり腰になったときの布団(マットレス)からの起き上がり方

横向きまたは仰向けになって寝ている状態から肘と手を使ってゆっくりと起き上がります。上半身が起き上がったら、ゆっくりと正座をします。

片方の足を前に出して両手で膝を押して体を起こしていきます。壁や物を使って立ち上がります。

ぎっくり腰になったときの歩き方

ぎっくり腰になったときは、骨盤が左右どちらかが出ていることが多いものです。出ている骨盤を軽く押しながら歩幅を狭くして歩きます。

温めましょう

水につけて固くしぼったタオルを電子レンジで温めます。(やけどに注意してください。)タオルを患部に当て温めます。かわりにカイロを使っても良いです。

少しずつ動けるようになったら、お風呂に入りましょう。たっぷりのお湯に少し汗をかく程度までつかり、「ここまで動かせることができる」という心地よいところまで腰を左右に揺らします。

ぎっくり腰のツボを押さえる

足の内くるぶしの出っ張ったところに人差し指を置き、そこから前に向かって指をなぞっていくとへこみがあります。そのへこみが中封(ちゅうふう)というぎっくり腰を和らげるツボになります。中封を親指で5分間ほど指圧します。

ふくらはぎを揉む

ふくらはぎの真ん中を通るように合陽(ごうよう)・承筋(しょうきん)・承山(しょうざん)というツボがあります。三角座りをして、ふくらはぎを囲むようにして親指でツボを5分間ほど指圧します。ツボにこだわらずにふくらはぎの後面を全体的にもみほぐすことでも効果があります。
※ツボを押さえたり、ふくらはぎを揉むことがご自分ではできない場合、ご家族に協力してもらいましょう。)

痛みを改善する体操をする

寝た姿勢で、両膝を立てます。ゆっくりと左右に倒す体操を20回ほど繰り返し行います。四つん這いになって、腰を丸めたり(猫が怒ったようなポーズです)、逆に反らしたりする体操を20回ほど行います。(体操中に痛みを強く感じるときは中止しましょう。)この痛みを改善する体操を楽にできるようになってくると、腰の状態がだいぶ良くなってきているサインです。しかし、腰が楽になってきたからといって、体操をやめてしまうと、痛みがあらわられてきます。継続して行いましょう。

自分で治せないときはプロに相談しましょう!

自己対処法でぎっくり腰への応急処置が済み、動くことができるようになったら、本格的に治すため病院や整体などに行って、プロに診てもらって早く治してもらうことが近道です。

・ひとりで歩いていける場合

できるだけ近所の病院や治療院のほうがいいでしょう。

・ひとりでは動けない場合

家族や付き添ってくれる人に連絡して、連れていってもらうようにしましょう。

・一人暮らし、または連れていってくれる人がいない場合

救急車を呼びましょう。ぎっくり腰で大袈裟だと思われるかもしれませんが、ひとりで無理に体を動かして悪化させるよりは良いといえます。

治療にはどこにいったらいいの?

・かかりつけの近所の病院

かかりつけの近所の病院には、行きやすいですし、ぎっくり腰になる前の自分の体の状態のことを知ってくれているという安心感もあります。病院では、整形外科が専門となり、X線やMRIの画像診断をして、痛み止めの注射をしたり、薬や湿布を処方されます。

・整体院

病院のような画像診断は行われませんが、痛みが起こった時期や瞬間が特定でき、しびれなど他の症状がないときに診てもらえます。手技によって筋肉をほぐして筋肉疲労や血行を良くして、痛みを和らげます。

・カイロプラティック

背骨の歪みから生じるぎっくり腰を改善するために。脊椎を矯正して神経伝達の流れを良くして、痛みを和らげます。

・鍼灸

東洋医学に基づき、痛みの原因になる部分につながるツボを刺激することで、血行促進や筋肉疲労の改善効果に役立ちます。

・マッサージ

強く押したり揉んだりするマッサージは、炎症を起こしているぎっくり腰をさらに悪化させてしまいます。

・ぎっくり腰になったときの治療院を決めておきましょう。

痛みがひどいぎっくり腰は、適切な施術で早く治してもらいたいものですよね。ぎっくり腰を完治させるには、施術者の痛みの程度を見極め、施術する技術によって大きく左右されます。もしものときを考えて治療するところを決めておいたほうが安心です。

自分の痛みの症状に合わない施術で病院や整体院をいろいろと変えることは、安心して治療が受けられずにストレスを抱え込むことになります。

放っておくと、こんなことも起こる可能性があります。

  • 悪化すると歩けなくなったり、足がしびれたりすることもある。
  • 仰向けに寝ると痛みがでて、寝ることも辛くなる。
  • 体を動かすだけで痛くて動けない。
  • お尻や腰などが痛くて起き上がれない。
  • くしゃみをするだけで痛みがでて、何度も繰り返す。
  • 靴下を履けない状態になっていて、ぎっくり腰が癖になっている。
  • 骨盤や股関節も痛く、腰が曲がる。
  • 産後のぎっくり腰で、動けなくて困っている。出張に来てほしい。
  • 反ると痛みが酷く、仙骨や鼠蹊部にも違和感や痛みがある。
  • 病院で痛みどめの注射などをしたが、痛みがひどくて立てない。
  • ぎっくり腰を放っておくと椎間板ヘルニアと診断されることもある。
  • 症状が酷過ぎて杖を使用して生活している。
  • 腰が抜けるような感じがして寝ている間も酷くて眠れない。
  • 吐き気や発熱、腹痛を訴えることもある。
  • 右下の腹部痛や右足にしびれがでる。
  • 胸が痛いといった症状やむくみや、めまいが起こることもある。
  • 頭痛や吐き気をともない、前屈ができなくなり坐骨神経痛として悪化することも・・・

当院に来院されるお客様の中には、上記のようにぎっくり腰を放っておいたり、安易にみてしまったことから、他の症状を伴ったり、ヘルニアや坐骨神経痛になってしまう方までおられます。たかがぎっくり腰だと思わず、整体や整骨院などでしっかりと全身の調整をしましょう。

整体や整骨院などが苦手なお客様は、しっかりと治療してくださる病院の医師に診てもらっても良いと思われます。

滋賀県野洲市の重野整体院

当院の重野整体院は、滋賀県の野洲市にあります。滋賀県内はもちろん三重県や京都の方も多く来院していただいております。 お子さまやご家族の方もご一緒に施術室に入っていただくことができます。

初めてのぎっくり腰の場合、不安なことも多いものです。あなたが安心して施術を受けていただけるように配慮しております。

ぎっくり腰の整体法としては、血液循環療法、筋膜療法、自律神経調整法・・・などを融合させ心地良い施術をいたします。

当院では、ぎっくり腰の痛みを改善するだけではなく、心にもアプローチして心身ともに健康な状態へとサポートいたします。 当院の不思議で心地良い施術によって心が安らぐことを感じていただきたいと思います。

さらに、日々の生活での思考や感情を気持ちの良い状態に保ちやすくするアドバイスもいたします。 今あなたが抱えている痛みだけでなく自律神経失調症などでお悩みであれば、お助けできる施術と健康指導を行っています。

多くのお客様が長年悩んでいたぎっくり腰から解放されてきました。お客様の声をご覧ください。 当院の施術によってあなたの未来が希望へとつながるように、おひとりおひとり丁寧に施術させていただきます。

ぎっくり腰で来院されたお客様や、その他のお客様の感想や口コミの一部だけ紹介します。

滋賀県野洲市の重野整体院に「ぎっくり腰」で病院や、整骨院、整形外科の治療を受けても改善が見られなかったお客様や、足のしびれで歩けない方、仰向けに寝ると腰が痛い方、お尻や腰が痛くて起き上がれない方、頭痛や吐き気でお困りの方などの、喜びの声や口コミ感想を掲載させていただいております。

辛い症状でお困りの方は、是非参考にしてみてください。

背中の筋肉が大変痛く、仰向けに寝転ぶと特にひどい!

滋賀の守山市にお住まいの仮名 吉永様(主婦/お悩みの症状:背中の痛みや筋肉痛)
ぎっくり腰になってから、朝の背中の痛みが酷く、ベッドから起き上がるのが辛かったです。やっとの思いで起き上がり10分ほどじっとしていると何とか立ち上がることが出来、日常生活も何とかできるという状態が1年ほど続いておりました。色々な病院にもいったのですがあまり変化が出ずに、パソコンで重野先生を知り、整体を月に2回ほど受けました。2カ月が経過するころには朝の痛みが80%ほど軽減しました。

今は、痛み0で2カ月に一度は今後の為にお世話になっております。これからもよろしくお願いいたします。

介護士さんに勧められて!ぎっくり腰が・・・

私は滋賀県の草津市に住む主婦です。義母のお見舞いのため介護施設へと行ったときのこと、義母からトイレの介助をお願いされました。

車椅子の義母をトイレに座らせようとしたときにグキッとした激痛が走りました。声を出すこともできない痛みでした。

なかなかトイレから戻ってこないことから介護士さんが様子を見に来てくれ、私がぎっくり腰になっていることに気付いてくれました。 介護士さんたちに担架で運ばれ、スタッフルームの仮眠用のベッドに寝かせてもらいました。

介護士さんから「ぎっくり腰は初めてですか?」と聞かれ、私がうなずくと、 「野洲市の重野整体院に行ったらいいですよ。恥ずかしながら私もこの仕事を始めたときにぎっくり腰になってしまい、重野整体院を勧められたんです。重野整体院なら安心して施術を受けることができて、治りも早いんです。」と言われました。

私は今まで腰痛になったことも整体院に通ったこともなかったので、知らない病院や整体院で診てもらうより、重野整体院に行こうと決めました。 主人に施設に迎えに来てもらい、「ぎっくり腰には野洲市の重野整体院がいいと介護士さんから勧められた。」と言うと、 「遠いところまで行って診てもらうのか?」と文句を言われましたが、電話をして向かうことになりました。

重野先生の施術は、想像していた骨をボキボキとしない優しいものでした。施術中「ここに来てよかった!」と確信が持てました。

施術後に主人といっしょに自宅での過ごし方をアドバイスしてもらい、帰るときには不思議なくらい激痛が和らいでいました。

通院を重ねていくうちに、主人や義母の介護についての悩みを話すようになりました。 重野先生から自律神経を調整する施術を受けることによって、心がはればれとして気持ちが前向きになってきました。

主人との会話が増えるようになって、義母のいる介護施設へとふたりで向かうようになりました。 私はぎっくり腰になったとき、重野整体院を勧められて本当に良かったと思いました。

他の病院や治療院の治療では、なかなか良くならないことにさらにストレスを感じていたことでしょう。 私は体と心の不調を同時に重野先生に診てもらい、ぎっくり腰になる前よりも明るく前向きになることができました。

先生との出会いで人生が変わったようです。これからも健康維持のため「かかりつけの整体院」として通い続けます。

大津市からぎっくり腰で来院

私は滋賀県の大津市に住んでいます。宅配会社に勤めています。仕事柄、重い荷物を持ち上げたり、降ろしたりすることが多く、ぎっくり腰に悩まされていました。

ぎっくり腰になって、治ったと思っていても再発してしまうので、病院をはじめカイロプラティック、整体院など良いと言われるところには行って、治療を受けてきました。

しかし、効果が長続きする治療法に出会えずにいました。私は、近所での治療を諦め、遠いところでも行ってぎっくり腰の治療をしたいと考え、インターネットで探すことにしました。

探していくと重野整体院のホームページが目にとまりました。「痛みや自律神経の本当の意味を理解すると人生が変わる」という言葉に「ここだ!」と直感しました。

「野洲市か・・・遠いな。」と思ったものの「重野整体院でぎっくり腰を完全に治したい!」という思いで、すぐに予約の電話を入れました。

施術は重野先生と1対1です。これまで流れ作業のように治療されてきたところとは違うなと感じました。 先生も腰痛に悩まされてきたことがあるそうで、私の痛みに共感してもらうことができ、今までの治療で効果がなかった理由などを質問することができました。

話しやすい先生だということも良いところだなと思いました。 施術は優しく気持ちの良いもので、ぎっくり腰の痛みや大津市から車で移動してきた疲れをスッと取り除いてくれるような不思議とリラックスできるものでした。

私のつらさを理解してくれて、痛みを取り去ってくれる整体院にやっとたどり着きました。

私のぎっくり腰を安心して診てもらえる先生にようやく出会えることができてうれしかったです。 通院を重ねるうちに、仕事や家庭の悩みも話すようになり、重野先生はその都度、私の不安や緊張をほぐして、気持ちの持ち方に余裕をもつことができるように導いていきました。

おかげ様で、ぎっくり腰を根本的に改善することができ、仕事も前向きに取り組むことができるようになりました。 そして、家庭内の問題も解決することができました。 体と心を先生に診てもらい、人生が豊かなものへと変わっていきました。 本当に良かったです。ありがとうございました。

重野整体院のご案内

住      所:
〒520-2422
滋賀県野洲市比留田878
アクセス:
JR琵琶湖線 野洲駅から車で13分
竜王インターから車で20分
琵琶湖大橋から車で15分
お問い合わせ・ご予約
077-532-4123
受付時間:
平日 9:00~21:00
土曜 9:00~12:00 
滋賀県野洲市の重野整体院の定休日:
日曜日

メールでのお問い合わせ


ページ上部へ