滋賀県にあるボキボキしない優しく気持ちいい整体

重野整体院


腱鞘炎

腱鞘炎というと、たいてい手首の痛みを連想されます。実際に手首に症状がでるのですが、決して手首のみにおこるわけではありません。

腱鞘のある場所なら、手指、手首、足首、足の甲などにおこりえます。 関節を動かす時、筋肉の働きでその動きが可能になっていますが、その筋肉の働きは腱と呼ばれる細い紐状のスジによって骨につながれ、それぞれの関節に伝えられています。

この腱が浮き上がったりしないようにところどころにある腱鞘と呼ばれるトンネルを通りでスムーズな動きを可能にしています。ところが過剰な指や関節の動きで腱鞘のトンネル内の壁が肥厚したり傷ついたりします。そうすると腱鞘のトンネルが狭くなりさらに肥厚したり傷を作ってしまうような悪循環が生まれます。

その結果痛みや腫れなどの症状がでるようです。これが腱鞘炎です。 腱鞘炎の中で代表的なものにドゲルバン病(狭窄性腱鞘炎)とばね指(弾発指)があります。次にこの2つについて詳しく説明していこうと思います。

ドゲルバン病(狭窄性腱鞘炎 )

症状・・・手首の親指側に痛みや腫れがおこります。物をつかんだり握ったりする時に痛みが走るので、ペンを持ったり、お箸を持つなど日常的な動作に支障がでます。しばらく治ったと思っていても、また再発しやすいという特徴のある腱鞘炎です。

原因・・・仕事、スポーツ、育児などでの手指の酷使することでおこります。最近ではパソコンやスマホを使う機会が増えると発症する人も増えています。スマホは特に親指で操作する機会が多いので注意が必要です。 また、妊娠出産時にホルモンの分泌が変化すると、赤ちゃんを抱っこする機会が増えるとでドゲルバン病を発症する場合が多くなります。更年期においてもホルモンの変化や老化などの影響でおこしやすくなります。

腱鞘炎発症のメカニズム・・・親指を伸ばし手を広げてみてください。手の甲側の親指の付け根の下あたりに2本の線が走っているのがわかると思います。この2本のうち親指側を走っているのを短母指伸筋腱と言い、もう一方を長母指外転筋腱と言います。それぞれの腱には役割があり、短母指伸筋腱は主に親指の第二関節を伸ばすことで親指を伸ばす働きをし、長母指外転筋腱は主に親指を広げる役割をしています。この2本の腱は共に同じ腱鞘のトンネルを通ってスムーズな動きを行っているのですが、親指を過剰に使うと腱鞘のトンネル内の壁が肥厚したり、傷ついたりするのでドゲルバン病がおこります。


診断方法・・・こちらは西洋医学的な腱鞘炎の診断方法ですが、問診、視診、触診で診断が行われます。自分で確認してみる時は、まず手首を直角に曲げて親指を伸ばした時に痛みが出るようならドケルバン病ということになります。他にも次のような診断方法があります。

アイヒホッフテスト


親指を握り小指の方に手首を曲げてみた時に痛みが出るようならドケルバン病(狭窄性腱鞘炎)と診断されます。 これらのことから診断されますが、治療を続けても症状が治まらないような場合は変形性手関節症などほかの病気の可能性も考えられ、レントゲンやMRIなどの画像診断が行われるようです。

治療法

病院で行われる腱鞘炎の治療法としては、装具療法や薬物療法などがまずとられます。装具療法では装具やテーピングなどで患部をあまり動かさないようにします。おおよそ2週間ほどで症状がなくなるようです。薬物療法では、鎮痛剤を服用したり、湿布や塗り薬を塗布したりします。
他にも痛みが強い場合や、装具の装着ができないような場合、腱鞘内ステロイド注射が行われることがあります。ここまでが保存療法になります。 それでもまだ改善がみられなかったり、再発を繰り返してしまったり、患者の職業柄患部の安静が望めないような場合は、腱鞘切開手術によって狭窄が取り除かれます。

ばね指(弾発指 )から腱鞘炎になる!?

症状・・・ 手指の曲げ伸ばしがスムーズにできなくなったり、手指を伸ばそうとするとピンとばねで跳ね上がるように伸びたり、曲げようとするとカクッとなるような感じがおこります。また、手指が曲がったままになることもあります。手指の付け根部分に痛みや腫れなどが現れます。

どの手指にもおこる可能性がありますが、主に親指、中指におこることが多いです。治療を終えしばらくはなんともなくても、また再発してしまうことも多いです。 他にもごくごくまれではありますが、クラッシックバレーやトライアスロンなど激しい運動で足指を酷使したため足の親指に弾発母趾がおこったような例もあります。


原因・・・ 趣味、仕事、スポーツなどで指を酷使すると腱鞘炎になることが多いのですが、他にも、ホルモンの変化がおきる妊娠出産前後や更年期の女性に多くみられます。また、糖尿病やリウマチ、透析を受けている人にもよくみられます。

発症のメカニズム・・・ 指に筋肉の動きを伝えて曲げ伸ばしを行う腱は屈筋腱と言います。屈筋腱は靭帯性腱鞘を通りますが、靭帯性腱鞘との摩擦を少なくし動きをスムーズに行うために、その部分の屈筋腱は滑膜性腱鞘で保護されています。

指を酷使してしまったため、この部分が擦れて肥厚するなどし腱鞘炎をおこします。屈筋腱が靭帯性腱鞘の中をスムーズに動けなくなり引っかかりがおきたりします、先ほどふれた、ばねがはねるような症状があり名前の由来となっています。


診断方法・・・ 指がばねのように伸びる症状や、指の付け根の痛みや腫れなどがあることが決め手となります。他にも糖尿病、リウマチ、透析を受けているということがあるとなお可能性が高まります。問診、視診、触診が中心になります。

治療方法・・・ おおむねドケルバン病と同じような治療法がとられます。やはりまずしっかり安静にすることが必要です。装具やテーピングなどにより安静をはかられることもあります。他にも炎症を抑えたり、痛みを鎮める薬が処方されたり、それでも改善がみられないとなるとステロイド注射が行われます。ばね指は再発することも多く、再発を繰り返してしまうようになると手術が行われます。この手術も切開部分も小さく比較的簡単に行うことができます。

乳幼児にばね指や腱鞘炎がおこることも

乳幼児におこるばね指は主に親指におこります。大人におきるばね指とは違い、痛みや腫れがあるようなことまれです。また、ばねのように伸びるような現象もほとんどみられることはありません。親指の付け根の関節(MP関節)が曲がったままだと先天性握り母指症と呼ばれ、親指のいわゆる第一関節(IP関節)が曲がったままだと強剛母指と呼ばれます。

先天性握り母指症の中には先天性握り母指変形という先天的な腱の形成不全が原因になっていることもあります。この場合は今回紹介するのとはまた違う治療法がとられることになります。生後間もなくに気づかれることはまれで、2歳前後の手遊びが盛んになってくるような時に発見されることが多いです。


原因・・・ 親指の腱が太くなり、腱鞘の太さとのアンバランスがおきることが原因だと言われています。

発症のメカニズム・・・ 腱鞘の肥厚などはほとんどみられませんが、太くなった腱が腱鞘を通ることがスムーズにいかなくなることでおこります。

診断方法・・・ 親指の付け根の関節(MP関節)を伸ばすと、親指の第一関節(IP関節)が曲がり、親指の第一関節(IP関節)を伸ばすと、親指の付け根の関節(MP関節が)曲がることで診断することができます。

治療法・・・ ほとんどの場合は5歳くらいまでに自然治癒することが多いようです。1歳までに発症した場合、自然治癒の確立も上がるようです。装具をつけるなどの保存療法を行うことで6歳までに効果が現れることもあるようですが、治療を開始して6カ月たっても効果がみられない場合はやはり手術になります。幼い子供ですので、手術は全身麻酔で行われます。

他の部位におこる腱鞘炎

いくつかの腱鞘炎を説明してきましたが、実際は「腱鞘炎」というと、ほとんどは手首に痛みや腫れのでるドケルバン病を指します。次に他の部位におこる腱鞘炎も説明していこうと思います。

手首の小指側におこる腱鞘炎⇒マウス腱鞘炎

原因・・・パソコンのマウス操作など。

症状・・・ ドケルバン病とは反対の小指側の付け根に痛みや腫れなどがおこります。パソコン症候群とかマウス症候群とも呼ばれます。最近は仕事によるものの他にも、パソコン人口が増え、家庭にもパソコンの普及が進んでいることから、年齢や性別に関係なく発症する人が増えています。

治療法・・・ ドケルバン病と同じように安静を保ち、装具、湿布、薬、ステロイド注射などの保存療法がおこなわれます。また保存療法で効果がない時や、必要がある場合は手術が行われることもあります。

足の甲におこる腱鞘炎

原因・・・スポーツなどでの足の酷使、靴の締め付けなど。

症状・・・ 主に足の甲に痛みやしびれがおこります。ひどいと歩行に支障がでることもあります。

発症のメカニズム・・・ 足の外側には短腓骨筋腱、足の甲部分には長趾伸筋腱と長母趾伸筋腱と前脛骨筋腱、足の内側には後脛骨筋腱と長母指屈筋腱がありますが、足首前方から甲の真ん中あたりにかけてそれぞれの腱鞘があり腱を保護したり、スムーズな動きを助けたりしています。

例えば靴で足に圧迫を受けることで腱鞘のある足の甲の中ごろから後方あたりに炎症がおこり、痛みや腫れなどがおこることがあります。また足の親指の負担から長母趾伸筋腱の腱鞘に腱鞘炎をおこした場合、この腱鞘は他の腱鞘に比べて指の近くあたりまであるので、親指から3cmほど離れた甲の前方に痛みなどが現れることがあります。

診断方法・・・ 普段どのような運動を行っているのかということを中心に問診が行われ、足首を動かすなどして痛む部位を特定し診断されます。足の酷使と靴の締め付けが原因になることが多いので、運動する時などに履いている靴の持参を求められることもあるようです。締め付け箇所や、負担のかかる箇所の合致を確認することで原因の特定ができます。骨折との見分けのためにレントゲンやMIRなどの画像診断が行われることもあります。

治療法・・・ まず安静が重要になります。安静にするためのサポーターなどの装具は、余計に症状を悪化させてしまうことがあるのですすめられないことがあるようです。靴が原因となっている時は靴ひもをきつく縛って履かないでゆったりと結んだり、靴を替えることで症状が治まることもあります。また、他の腱鞘炎と同じように、薬や湿布などで炎症を抑える治療がまず行われますが、効果のないような場合や、痛みが激しいなど必要に応じてステロイド注射をすることがあります。それでも改善がみられないような場合は手術になることもあります。

〇テニス肘(上腕骨外側上顆炎)は腱鞘炎?

テニス肘は肘の外側の骨が痛みがでたり部分的な断裂をおこしたりしますが、よく肘の腱鞘炎として紹介されています。名前の通りテニスで肘を酷使することで傷めることが多いのですが、それ以外にもフライパンの持ちすぎ、パソコンのしすぎなどでもおこることがあります。

実際には加齢がその一因になることが多く中年以降に発症することが多いようです。反対に肘の内側の骨に痛みがでる上腕骨内側上顆炎になることもあります。

上腕骨内側上顆炎はテニス肘と呼ばれる他ゴルフ肘や野球肘とも呼ばれます。 今回は上腕骨外側上顆炎について説明していきますが、これらは厳密にいうと腱鞘の炎症というよりかは腱の付着部の炎症や部分的な断裂と言えます。

発症のメカニズム・・・ 手首から肘あたりまでの前腕で、テニス肘(上腕骨外側上顆炎)の原因になる筋は腕橈骨筋(わんとうこつきん)、短橈側手根伸筋(たんとうそくしゅこんきん)、尺側手根伸筋(しゃくそくしゅこんしんきん)、総指伸筋があります。特に短橈側手根伸筋はその原因になることが最も多いです。これらの筋肉が腱によって肘の外側にある上腕外側上顆という上腕骨の一部につながっています。老化や肘や腕を酷使することで腱が損傷することで炎症をおこし発症します。

診断方法・・・ 一般的に良く行われているテスト方法があるのでそれについて説明します。それぞれの検査で肘が痛くなったらテニス肘(上腕骨外側上顆炎)ということになります。

〇Thomsen(トムセン)テスト ・・・患者は手首を軽く曲げるようにし肘を伸ばします。その状態のまま検査員が手首を抑え込みますが、患者はそれに抵抗して手首を伸ばすようにします。

〇Chair(チェアー)・・・テスト 患者は肘を伸ばしたまま椅子を持ち上げてみます。

〇中指伸展テスト ・・・患者は肘を伸ばします。検査員が上から中指を抑え込むのに抵抗して患者は伸ばそうとします。

治療法・・・ まず保存療法として、湿布や、塗り薬などを使いながら、手首を曲げるストレッチなどを行います。エルボーバンドをはめて筋肉の働きを緩める方法もあります。これらのことで効果がみられなかったり、症状が強い場合はステロイド注射が行われることもあります。

ほとんどのテニス肘はこれらの保存療法で改善しますが、それでも効果が現れない時は、腱に断裂がおこっている可能性が高くなり手術になることもあります。

腱鞘炎の手術

これまでにもふれましたが、腱鞘炎は再発が多く、再発を繰り返すことで手術が必要になることがあります。また、安静が望めないなど場合によってはすぐに手術が行われることもあります。入院は必要ありません。

手術の目的・・・ 腱鞘炎の手術は腱鞘やその中の隔壁を切開し腱を解放することを目的に行われます。

麻酔方法・・・局所麻酔で行われます。

手術方法・・・ (腱鞘切開術 )直接目視で行われる手術法です。皮膚を少し切開して腱鞘の切開が行われます。従来から行われている手術で比較的安全性が高いとされています。手術時間も30分ほどで終了します。1週間ほどして傷がふさがってきたら抜糸が行われます。個人差はありますが術後何か月かは痛みが残ることがあります。

(内視鏡手術 )ほんの数ミリ程の小さい切開部分から内視鏡を挿入し、内視鏡からの画像を見ながら腱鞘の切開が行われます。切開部分が小さいので縫合の必要がありません。手術時間も15分程です。回復も早く、痛みも比較的少ないです。

この手術も安全に行うことができますが、技術的なバラツキがあることも否めません。やはり手術経験の豊富な熟練の医師によって行われる方が良いでしょう。

他にもいくつか手術法がありますが、切開部分が小さく身体への負担が少ない手術方法になればなるほど、医師の経験や技術力が必要になります。手術後はいずれもリハビリが必要ですが、通院して行うわけではなく、普段の生活でできるリハビリ方法を病院で教えてもらえると思います。

また、気になる後遺症ですが、まれに神経を傷つけてしまうことでしびれや動かしにくさなどが残ってしまうことがありますが、神経が回復するとそれも改善します。しかしそのまま残ってしまうような場合もあります。 再発については手術後におこることはあまりありませんが、まったくないとも言い切れません。同じような関節の酷使が続く場合、他の関節に腱鞘炎がおこることも考えられますので、関節の酷使についてもできるだけ改善される方が良いです。

腱鞘炎とホルモン

腱鞘炎は妊娠出産前後や更年期の女性におこることが多いですが、それは女性ホルモンの中のエストロゲンの変化が関連しているとみられています。エストロゲンは腱以外にも骨や筋肉や血管などにも影響を及ぼします。

腱に対しエストロゲンは損傷を修復し維持する作用があるので、例えば更年期によってエストロゲンが急激に低下することで、その働きも低下してしまうことが考えられます。そのような状態で指や手首などの酷使があると修復が追いつかずに腱鞘炎をおこしてしまうことがあります。

また、出産後に活発になるプロゲステロンの影響も考えられます。このホルモンは腱鞘を収縮させるので、それが原因となることもあるのではと考えられています。

腱鞘炎とガングリオン

手首の手のひら側や、手の甲側にポコッと腫瘍のような腫れがみられることがあります。腱鞘炎でも同じような場所に痛みや腫れ熱感などが現れることがあるので、腱鞘炎の症状である場合もあるかもしれませんが、実はそれはガングリオンという良性腫瘍であるかもしれません。

ガングリオンはまるで骨が出っ張っているようにも見えるポコッとしている腫瘍で、普通の腫れとは少し違うので、腱鞘炎との見分けもそう難しくはありません。神経を圧迫することでズキズキ痛むこともあり腱鞘炎と混同されている節がありますが、実は関係がなく別のものとなります。

ガングリオンの症状・・・ 米粒大からゴルフボール大ほどの腫瘍ができます。特に手首周辺にできることが多いですが、全身の関節、腱、軟骨組織の周辺などどこにでもできる可能性があります。できる場所によっては神経を圧迫することで痛みやしびれの他、麻痺をおこすこともあります。

原因・・・ 原因ははっきりとわかっていませんが、活発な女性に多いと言われていますが、幅広い層で発症します。 発症のメカニズム・・・ 関節周辺の膜などに関節液や、腱と腱鞘の滑液がたまりゼリー状に濃縮することで腫瘍ができます。

診断・・・ 腫瘍に注射器を指すとゼリー状の粘液がでてくるとガングリオンということになります。 小さすぎるガングリオンの場合や、腫瘍はないのに痛みやしびれだけがある場合は、MRIなどの画像診断が行われることもあります。ガングリオンの腫瘍は外からは見られない体内にもできていることがあるので画像診断で発見するような場合もあります。他にもまれに悪性の腫瘍の場合もあるので診断は慎重に行われます。

治療法・・・ 放っておいても自然に消失することもありますが、痛みなどがある場合は注射器でゼリー状の粘液を吸いだします。他にも強く押してガングリオンをつぶしてしまう方法もあります。再発することも多いですが、注射器で吸い出したりを何回か繰り返すうちに治ることもあります。それでもまだ再発するようなら手術が行われることもありますが、手術後もまた再発することもあります。

自分でできる腱鞘炎の応急処置

まずは、病院や治療院に行くまでの応急処置について説明しようと思います。根本的な治療はできませんが、応急処置としてドラックストアなどでも手に入れられるものがたくさんあるので薬剤師に相談してみましょう。

①冷やして腱鞘炎を処置しよう

腱鞘炎は炎症による症状なので、患部に熱を持ったり腫れることがあります。炎症系には冷やすことが有効となります。身近にある保冷剤をタオルに包み患部に当ててみたり、氷嚢をあてるのも良いでしょう。急激に冷やすアイシングは、長くやりすぎると凍傷の危険もあるので5~10分程で終わりましょう。他にも市販の炎症を鎮める湿布を貼るのも良いでしょう。またスプレータイプの冷却剤なども良いでしょう。

②痛み止めなどの薬を飲むことで腱鞘炎を・・・

あくまで痛みをとるだけになるので、長く服用することはおすすめしませんが、ロキソニンなどの鎮痛剤でとりあえずの痛みを抑えることができます。

自分でできる腱鞘炎の治療法または再発の予防法

腱鞘炎は指や手首など同じところを酷使し続けることが原因になることが多く、治療するためには簡単に言ってしまえば、その原因となる動作をやめればいいということになるのですがなかなかそうはいかないのが現状ではないでしょうか。

だからと言って何も変化がなければ、一時的に症状が治まっても再発を繰り返したり、慢性的な症状に悩まされるようなことになりかねません。改善や再発の予防に向けて自らできることをする姿勢が大事ではないでしょうか。

次に、手首や指におこる腱鞘炎に対し、簡単にどこででもできるストレッチを紹介しようと思います。

肩や背中などを伸ばすストレッチなど、一見、腱鞘炎とは関係がないようにも見えるかもしれませんが、全てつながっているので一つ一つ丁寧に行うことで効果を上げることができます。時間を決めて定期的に行ったり、痛みやしびれなどの症状がでてきた時にぜひ実行してみてください。

いずれも①~③を1セットとして3セット程行いましょう。

手首のストレッチ

  1. 床に座り肘を伸ばし手首を甲側にそらして床に押し付けそのまま20秒保ちます。
  2. 次は手首を手のひら側に曲げて床に押し付けそのまま20秒保ちます。
  3. 逆も同じように行いましょう。

座面の広い椅子なら椅子に座ったまま座面に手をついて行っても良いでしょう。

背中のストレッチで腱鞘炎が緩和する可能性も!?

  1. 壁に向かって立ち片手を上に伸ばして壁につけます。
  2. 壁についた手と反対方向に身体を少しひねり身体全体を壁に近づけ20秒保ちます。
  3. 逆も同じように行います。

肩のストレッチで腱鞘炎が緩和!?

  1. 片方の腕を身体を横切るように伸ばし、もう片方の腕を曲げ肘の部分を抑え込みクロスを作ります。
  2. そのまま抑え込んだ腕を身体に引き寄せもう一方の腕を伸ばし20秒保ちます。
  3. 逆も同じように行います。

脇と腱鞘炎の関係をストレッチで解消

  1. 片方の腕を曲げて頭の後方あたりに上げます。
  2. もう片方の手で肘を持ち肩に引き寄せるように伸ばし20秒保ちます。
  3. 逆も同じように行います。

他にもばね指に対してはしっかりマッサージを行うことが効果的だと言われています。3分もあればどこででもできるのでぜひ試してみてください。

ばね指や腱鞘炎に有効なマッサージ

ばね指がおこっている指の指先から順番に手のひらに向かい、手のひら側も甲側も側面ももう片方の手でゆっくり揉みほぐしていきます。手のひらもしっかり揉みましょう。
腱鞘炎のまとめ
腱鞘炎で悩む時、ただ痛みなどの症状についてのみならず、腱鞘炎になった原因である仕事、スポーツ、趣味などに影響がでることにむしろ悩みが深くなるのではないでしょうか。

生活のすべや生きがいに影響がでると言い換えることも可能だと思われます。腱鞘炎の治療では患者の生活や考え方なども考慮しながら、その患者に合った治療を進めて行くこともできます。

腱鞘炎と付き合いながら改善を目指すことも、直ちに手術によって完治を目指すこともできます。様々な治療法はあるものの再発も多く、何度も再発を繰り返し苦労されている方もおられることと思います。

このようなことを全て加味し腱鞘炎の治療を選択する時、例えば整体院のように定期的に通いメンテナンスを行える所で、痛みなどの症状を抑えながら、じっくり直していくというのも一つの方法であると思われます。 ぜひご自分に合った方法を見つけられることを願っています。

重野整体院のご案内

住      所:
〒520-2422
滋賀県野洲市比留田878
アクセス:
JR琵琶湖線 野洲駅から車で13分
竜王インターから車で20分
琵琶湖大橋から車で15分
お問い合わせ・ご予約
077-532-4123
受付時間:
平日 9:00~21:00
土曜 9:00~12:00 
滋賀県野洲市の重野整体院の定休日:
日曜日

メールでのお問い合わせ


ページ上部へ