滋賀県にあるボキボキしない優しく気持ちいい整体

重野整体院


かかとの痛み

足の裏には体重や衝撃による負担がかかり続けていますが、足先に30%、かかとに70%と特にかかとには多くの負担がかかっています。かかとに痛みを感じた時に良く疑われるのが足底筋膜炎になります。足底筋膜炎については他の記事でも詳しく説明していますが、それにはスポーツ、肥満、老化などによる過剰な負担が原因となっています。かかとの他の疾患による痛みにおいても、これらが大きく影響し、足裏やその周辺に様々な疾患となって現れます。 今回はかかとに痛みをおこす疾患の一部について説明していきます。

かかとの痛みをおこす疾患および症状一覧

  • 〇打撲(だぼく)
  • 〇足底筋膜炎(そくていきんまくえん)
  • 偏平足(へんぺいそく)
  • 足底線維腫症(そくていせんいしゅしょう)
  • 踵部脂肪褥炎(しょうぶしぼうじょくえん)
  • ファットパッド症候群
  • 滑液包炎(かつえきほうえん)踵骨下滑液包炎・アキレス腱滑液包炎・踵骨後部滑液包炎
  • アキレス腱炎 〇踵骨疲労骨折(しょうこつひろうこっせつ)
  • 足根骨癒合症(そっこんこつゆごうしょう)
  • 踵骨骨端症(しょうこつこったんしょう)(シーバー病・セーバー病) 

かかとの打撲によるかかとの痛み

かかとの痛みをおこす原因としては非常に多いです。かかとの痛みの他にも腫れがおこります。スポーツなどで強く打ちつけたり、高いところからジャンプするなど打撲するシチュエーションは様々ですが、打撲した時は自分でもはっきりわかるので比較的原因の特定がしやすいです。ただ、打撲による外傷から骨折や他の疾患がおこる場合もあるので注意が必要です。

かかとの打撲の治療法・・・ 氷嚢でアイシングを行うなどして、安静にします。痛みのあるうちはしばらくスポーツなども控えます。かかとの痛みが強かったり、痛みがひかないような時は病院に行き検査を受けると良いでしょう。

足底筋膜炎(そくていきんまくえん)

足底筋膜炎については足底筋膜炎のページに詳しく説明していますので、そちらを参考にしていただきたいと思いますが、簡単にだけふれておきます。 足底筋膜炎とは足の裏の腱組織である足底筋膜(足底腱膜)に過剰な負担がかかり酷使されて小さな断裂をおこしかかとの痛みなどをおこす疾患です。足裏のどこにでも痛みがでる可能性がありますが、特にかかとの前方に痛みがでます。 足底筋膜炎は、今回紹介するような足の裏の他の疾患が原因となって、足底筋膜が酷使され発症する場合もあり、かかとの痛みをおこす疾患の中でも発症頻度が高いです。

足底筋膜炎の治療法・・・ 足底筋膜の酷使が原因となるので、安静が最も重要です。それとともにインソールや装具を装着したり、温熱療法を行ったりします。痛みに対しては鎮痛消炎剤や湿布が処方されたり、痛みが強いような時はステロイド剤が注射されたりします。最近では体外衝撃波治療といって特殊な機器を使った治療が効果をあげています。

偏平足(へんぺいそく)

偏平足についても足底筋膜炎のページで詳しく説明していますので簡単にふれておきます。 偏平足とは足裏の土踏まずのアーチがなかったり、低かったりする状態を指します。生まれつきである場合と、運動不足などが原因となる場合、今回紹介するような足底筋膜炎などの疾患が原因になる場合があります。土踏まずのアーチは地面からの衝撃を和らげる働きをしているので、土踏まずがなくなると足に負担がかかりやすくなります。それが原因となって足全体に症状がでる可能性がありますが、足底筋膜炎などをおこすとかかとに痛みがでることがあります。

偏平足の治療法・・・ 足指の筋力を鍛えたり、足指が浮かないように意識して歩くようにするなどで改善できます。

足底線維腫症(そくていせんいしゅしょう)によるかかとの痛み

良性の腫瘤が足の裏にできかかとの痛みなどをおこします。何の症状もおこさなければ特に放っておいても問題ありません。特に土踏まずの内側の前方にできやすいですが、かかと側にできることもあります。だいたい1~2cm程の腫瘤で、皮膚の上から触れて確認できます。わからない場合はエコーなどを使うと確認できます。

多くの場合は症状が現れず、腫瘤が地面に触れると強い痛みを感じたり、腫瘤により足のバランスを崩し足底筋膜炎をおこすような場合があります。その場合は土踏まずの痛みやかかとの痛みが出やすくなります。 原因としてははっきりとはわかっていませんが、足底筋膜への負担が関係しているようです。また、足底線維腫症は同時に手掌線維腫症(デゥピュイトラン拘縮)を合併することがあります。手掌線維腫症は掌にある手掌腱膜が厚くなったりして腫瘤ができて手指が伸ばしにくくなりますが、痛みなどはありません。特に薬指や小指に多くみられます。

足底線維腫症の治療法・・・ 病院ではインソールを使ったり、装具をつけるなどして患部を保護します。かかとの痛みに対しては鎮痛剤などが処方されますが、痛みが強いような時はステロイド注射が行われます。ここまでの保存療法で多くは改善しますが、必要がある時には手術によって腫瘤が取り除かれます。しかし、この腫瘤は再発が多いので手術はあまりすすめられません。

踵部脂肪褥炎(しょうぶしぼうじょくえん)

かかとにある踵部脂肪体という組織は名前の通り脂肪組織で、足の衝撃に対してクッションのような働きをしています。この踵部脂肪体の弾力性が低下し硬くなるとクッション性も低下します。そのために衝撃を受けやすくなり痛みをおこすと踵部脂肪褥炎となります。原因としては加齢が多いですが、他にも関節リウマチ、糖尿病、痛風、全身性エリテマトーデスなどが原因になることもあります。かかとの痛みは体重がかかった時にかかとの中央のとんがっている踵骨隆起下縁部というところに現れます。また、硬い床や地面を歩くとかかとの痛みが増します。

踵部脂肪褥炎の治療法・・・ ヒールカップと呼ばれるインソールを使ったり、テーピングで支持するなどしてかかとを保護します。原因となる病気がある場合はその治療が大切です。

ファットパッド症候群

踵部脂肪褥炎ではかかとの一部分である踵骨隆起下縁部という部分が痛くなりますが、ファットパッド症候群ではかかと全体が痛くなります。主にスポーツを始めたばかりの初心者によくみられます。スポーツなどの衝撃が過剰にかかり続けて、踵部脂肪体と踵骨とが不安定になりかかとの痛みなどがおこると考えられています。踵部脂肪褥炎ではかかとが硬くなりますが、ファットパッド症候群では硬さは特に変わりません。

ファットパッド症候群の治療法・・ 踵部脂肪褥炎の治療法と同じようにヒールカップやテーピングを用いてかかとを保護します。

滑液包炎(かつえきほうえん)踵骨下滑液包炎・アキレス腱滑液包炎・踵骨後部滑液包炎

滑液包炎とは骨に対し腱や筋肉がスムーズに動くためのクッションとして機能している滑液包に炎症がおこり、痛みや腫れなどの症状がでます。原因としてははっきりしませんが、スポーツや仕事、合わない靴などでの関節の酷使でおこる摩擦や圧迫の他、捻挫などの外傷による場合もあります。また、関節リウマチや痛風、感染症などが原因となることもあります。 滑液包は体中にいくつもありますが、その中でもかかとの痛みをおこすものがあります。踵骨の下部で痛みをおこすのは、踵骨下滑液包炎、かかとの踵骨の後ろにおこるのがアキレス腱滑液包炎、踵骨後部滑液包炎になります。

滑液包炎の治療法・・・ まず安静が必要です。靴が原因になっていいる場合は靴を変えてみたりします。他にもヒールカップなどのインソールで保護できます。他にも病院では炎症を抑えるために消炎鎮痛剤や湿布が処方されます。症状が強いときはステロイド注射が行われます。この注射を数回続けるとたいていは改善されます。大体このような治療が行われますが、他の疾患が原因となっている時はその治療を行います。

アキレス腱炎によるかかとの痛み

アキレス腱の酷使で小さな断裂や傷がおこり炎症をおこしかかとの痛みなどがでます。スポーツ障害としての側面が多く、加齢の影響などもあり中高年のランナーによくおこります。他にも合わない靴や偏平足などでもおこりえます。かかとの後ろのアキレス腱部分に痛みや腫れがおこり、その部分を押すと痛みがあります。特に起床時の歩き始める時に強い痛みがあります。深刻になると何もしていなくても痛みがおこり、関節が動かしにくくなるなどします。

アキレス腱炎の治療法・・・ やはり痛みの強い間は安静が大切です。アキレス腱を保護するために少しヒールの高めの靴を履いたり、インソールで調節したりします。かかとの痛みや炎症に対しては消炎鎮痛剤のほか湿布などが処方されます。症状が強い場合はステロイド剤の注射が行われますが、注射によってアキレス腱に断裂などの不具合がおこる可能性もあるので、スポーツ選手などは特に慎重に判断されます。手術もできますがほとんど行われません。

踵骨疲労骨折(しょうこつひろうこっせつ)

こちらもスポーツ選手によくみられます。かかとの酷使でおこり、かかとに体重がかかると痛みます。深刻になるとはかかとを使うことすらできないような強い痛みがおこります。 骨折にはタイプがあり、骨折線が縦に入るI型、斜めに入るⅡ型、横に入るⅢ型があります。 Ⅰ型はスポーツ選手に多く、Ⅱ型は高齢者に多いです。

踵骨疲労骨折の治療法・・・ やはり安静が大切です。ギブスなどでの固定は必要ありませんが、スポーツなども休みしっかり安静にして骨の癒合を待ちます。普段の生活でもヒールパッドを使用するなどしてアキレス腱を保護します。2~3週間ほどで骨も癒合し症状もなくなり、スポーツなどにも復帰することができるようです。

足根骨癒合症(そくこんこつゆごうしょう)

スポーツをする子どもに多くみられる疾患です。生まれつき足の骨がくっついている状態からおこります。完全にくっついているわけではなく、繊維状の組織で不完全にくっついています。大きくなるまでに気づかれず、スポーツを始めてから足を痛めるなどして偶然にみつかる場合もあります。長距離を歩いたり、運動をした後にかかとの痛みがでたり、違和感だけで痛みが伴わないということもあります。癒合した部分が大きいと、腫れのように突出して見え、触っても確認できます。 足根骨癒合症の治療法・・・ かかとの痛みもそれほど強く出ないので、病院で足根骨癒合症がわかってもインソールなどを使用してしばらく様子がみられます。痛みが強くなってスポーツや生活に支障がでると、手術によって癒合を取り除きます。

踵骨骨端症(しょうこつこったんしょう)(シーバー病・セーバー病)によるかかとの痛み

こちらも足根骨癒合症のようにスポーツをする子どもに多くみられる疾患です。 子どもの骨はまだ柔らかく、かかとの骨の下部の後ろの方で骨端核という部分が分離しています。15~16歳くらいになるとくっつきますが、まだ骨端核がくっついていないような時期にジャンプの多いスポーツをするなど過剰な負担がかかると、アキレス腱や足底腱膜にひっぱられ炎症をおこしかかとの痛みがでます。特徴としては、普通の靴を履いている時はそれほど症状はでませんが、特にスパイクを履くと痛みがでます。また、踵骨骨端症の80%に偏平足がみられます。

踵骨骨端症の治療法・・・ かかとの痛みなどの症状が強いうちは、スポーツを休み安静にし、スパイクなど痛みのでる靴の使用も避けます。かかとの痛みがましになってきたらスパイクや靴にヒールパッドをとりつけ使用するようにします。このような安静と保存療法でほとんどの踵骨骨端症は改善がみられます。

かかとに痛みと筋力の低下

これまでに説明してきた通りかかとの痛みは、かかとの酷使によっておこります。その酷使はスポーツの度重なる負担だけが原因になるわけではなく、それとは反対に運動不足や、老化による筋力の低下が原因になる場合もあります。特にこれといったスポーツをしていないのに、慢性化しているようなかかとの痛みがあり、それがなかなか改善がみられないような時は筋力の低下が原因になっている可能性が高くなります。

そのような場合、かかとの痛みなどの症状がひどい時は安静にすることが一番大事ですが、症状が和らいできたら少しづつストレッチや運動などをはじめてみられると良いでしょう。<足底筋膜炎>のページでも紹介したようなタオルギャザー練習法やふくらはぎを鍛える運動がおすすめですが、まず自分の状態を知り医師や専門家にアドバイスをもらってから行うようにしましょう。

かかとの痛みについてのまとめ

普段何気なく歩いたり、走ったりしてかかとを使っているのですが、かかとの痛みによって生活に支障がでたり、スポーツを休まないといけなくなったりして活動的な生活に支障がでます。逆の言い方をすると、かかとは活動的な生活の要であるとも言えます。早期発見早期治療で多くのかかとの不調は改善し予後も良くなります。気になる方は早めに病院や整体院などで改善をはかられると良いと思われます。 かかとの痛みがおこる原因は様々で、今回紹介したのは一部にすぎません。今回のように比較的はっきりとした疾患が原因になっている他にも、原因のはっきりしないような坐骨神経痛の症状としてかかとの痛みが現れたり、時には、太ももやふくらはぎなどのコリや不調がかかとの痛みとなって現れたりします。身体はすべてつながっているので、それもうなずけます。

また、つながっていると言えば、足の裏には様々なツボが存在しているのをご存知ですか?足裏のかかと部分を押してみて痛む時は、生殖器や腸の不調を現しているようです。生理痛がひどかったり、腸が弱いような人はここをマッサージすると良いと言われています。他にも体中に影響するツボが足の裏にはあります。かかとをはじめ足の裏は活動的な生活の要であるだけではなく、それ以上にも重要な役割があるようです。

重野整体院のご案内

住      所:
〒520-2422
滋賀県野洲市比留田878
アクセス:
JR琵琶湖線 野洲駅から車で13分
竜王インターから車で20分
琵琶湖大橋から車で15分
お問い合わせ・ご予約
077-532-4123
受付時間:
平日 9:00~21:00
土曜 9:00~12:00 
滋賀県野洲市の重野整体院の定休日:
日曜日

メールでのお問い合わせ


ページ上部へ